Jan 16, 2012

トレーニングの様子


仲良くさせてもらってるママ様ですので記事の許可をもらえたので簡単に記事にしまーすラブラブ
犬種はロッシと同じgoldendoodleですわんわん

photo:01

ロア君

似てるでしょ?

左がロア君右がロッシ

photo:02



なんの問題も無さそうなロアくですがちょいちょい気になるところが出て来てます。
とても穏やかで問題がなく手がかからない子ほどこちらが甘えてしまい

犬をコントロールをすることがなく犬が本能のまま過ごしてることが多いです。
本能のまま過ごしている犬はストレスを抱えることになるので注意が必要です。
自主的にフセはするが‘やらされる’ことがなかったロアくん。
俗に言うイイコなんですな。
でもいざフセを教えると
なんで?
やりたくないよー。
主張します。
またカワイイ顔でさ、主張するもんだからさ、ついついヨシヨシしたくなるんだな。
でもそれでは、ロアの思うツボなのでそこは厳しく!

photo:03
ママが近くにいると甘えちゃうけど
居ない状況でやっても意味ないので
傍で見てもらいながら話しながらフセの練習
photo:01
いざやらせると頑固なロア君
でもちゃんとこっちの意思を伝えながらやると~


photo:02
できた~??
もちろんおやつなんて使ってません。
指示とカラーを変えただけ。
ママも挑戦
photo:03
最初ママが言うと上や横を見て知らんぷり。
聞いてないフリを通そうとするロア君w
こーゆうのを見ると犬は賢いなーと思います。
でもママ
負けずにトライ!!!!


photo:04
その調子!!
あ、ちなみに押さえつけてるわけじゃないからね。
撫でながら褒めながらフセの方向にガイドしてるだけね。
シッカリできましたよ!
室内でのオビディンスを終えて外に出ます。
散歩の仕方を調整。
photo:05
最初はふ~らふらしてたけど
ちゃんと『し』の字でお散歩。
たっくさん指示を出してもらってロアも一生懸命お勉強。
リラックスして歩いて散歩をします。
ママも楽ちん?
そして外でのオビディエンス。
私が1回で出来るようになるまで練習します。
ロッシも一緒に傍にいます。
もちろんわざとね。
どんな場所でもどんな状況でも指示はシッカりきけるようにします。
やはり外では若干無駄な抵抗はありましたが
ちゃんと伝わりました。
そしてママの番。
外でオスワリもしたがらないロア君。
勝手に座るのではなく指示ですわります。
photo:01

大好きなママに褒められて

お耳の付け根をイイ子イイ子してほしいけど

そんな場合じゃないのがだんだんわかってきたロア君(笑)

ママも諦めずがんばります!

photo:02


photo:03
ちゃんとフセの態勢までもっていき
最後は顎までつけて体の力も入ってない状態までもっていきます。
そしてマテも上手ではないので平行して
マテもやってみました。


photo:04
たくさん誘惑のある中がんばりました。
1時間のトレーニングでロア君へろへろでしたが
初めて人にコントロールされることできっと楽になったに違いないです。
ママも場所を選ばず色んなところに一緒に行けると喜んでくれました。
これで終わりではないです。
これからなのでーす。
これはあくまで初歩的なこと。
トレーニングには色んなやり方があり人がいます。
犬を知り、犬をじっくり観察・・・見ることが一番大事ですね。
私も日々勉強をして尊敬する方もいます。
そして犬が変わり私も変わる。
wan Lifeが楽しくなる。



iPhoneからの投稿
Posted in サロンNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment